ED治療薬のジェネリック

【中折れ対策】行為の最中に萎えてしまう原因を理解して完全克服!

  • 勃起はするのに性行為の最中に萎えてしまう。
  • 中折れしてパートナーにがっかりされるのが怖い。
  • 若い時のように性行為が出来ない。

中折れとは性行為の最中に萎えてしまうことです。

男としてはプライドが傷つくし、受け止めたくない話だと思います。

私も初めてEDを経験した時の症状は中折れでした(克服済み)

自分はEDでは無いのになんで萎えてしまうんだ。と思うかもしれませんが

完全に勃起しない人は珍しく、中折れはよくあるEDの症状のひとつです。

年齢によりますが、7割の男性が中折れの経験があり決して珍しいことではありません。

怖いですが現実を受け止めて原因を理解し、中折れ対策していきましょう。

桐島
桐島
男ならいつかは通る道!備えて対策しましょう

克服するために現実を受け止めましょう。

いまでこそ、150人を超える女性との経験をしている私ですが、最初のころは、「あれっ、今日は調子が悪いのかな……」と思うようなことがたびたびありました。

お気に入りの彼女といいムードになり、ホテルに行って性行為に及ぶまではいいのです。でも、行為の最中に気がつくと萎えていたり、いざ避妊具をつけようとしたら、勃起していたのが萎えてしまったり。

彼女の期待が高まっている、まさにその時に萎えてしまうのですから、男としては困りますよね。

最初は勃起して途中で萎えてしまうのは、疲れているせいかもと思っていたのですが、次も同じで、だんだん自信がなくなってきました。

そこで、調べてみると、このような「中折れ」は「ED(勃起不全)」の一種で、珍しくないこととわかりました。まったく勃たないのだけがEDではないのですね。

自分がEDだとわかったので、必死にいろいろなことを試しました。

そして中折れを克服して自信を取り戻したのがいまの私です。

以前の私と同じように中折れで悩んでいる人は多いと思います。EDであることを受け止められれば、克服までの第一歩を踏み出したようなものです。

男としての自信を取り戻すことができるのは、もうすぐです。

中折れの原因1:メンタル

性的興奮で勃起しても萎えてしまう中折れの原因として、不安やイライラといったメンタルの問題があります。

彼女と性行為中に萎えてしまうかも、という不安はまずいったんおいておきましょう。それ以外の不安が生活の中にありませんか。

いつも何か不安を抱えたままの状態では、心配のあまり、眠れなくなったり、食欲が落ちてしまったりということになりがちです。眠れなければ、体は一日の疲れがとれず、眠っている間に回復することもできません。食欲が落ちてしまうと、体に必要な栄養物がとれなくなります。

このようにして体に必要な栄養がたらなくなってしまうと、陰茎にいく栄養もたらなくなってしまい萎えてしまう原因になります。もちろん性行為中に、不安が頭をかすめると、性行為から意識がそれてしまい、萎えてしまうことにもなりますよね。

不安とは反対に、何かにイライラすることが続いても食欲はなくなりますので、同様に陰茎への栄養がたらなくなってしまいます。またイライラしている状態では、陰茎を養う血液のめぐりが悪くなり、萎えてしまう原因にもなります。

不安やイライラの原因として思い当たるものがあって、もし解決できるものなら、ラッキーです。その解決が中折れ克服に役立ちます。

中折れの原因2:加齢

30代の私でも、すでに中折れは経験したのですが、歳を重ねるにつれて、中折れを経験する人は増えていくようです。

体は歳を重ねるにつれて変化していきます。男性の場合、生まれてから次第に性的に成熟していき、16歳ぐらいで精通を迎えます。その後は性的に成熟した状態が維持されますが、64歳を超えると体力が衰え始めていき、性的能力も弱まっていきます。

これは「精」という命の源のエネルギーの量によると考えるとよいのだそうです。

生まれたときには親から精を受け継ぎます。でも使うとなくなってしまいますので、毎日の食事などから栄養分を取り入れて、精を補っているわけです。

この精が40歳ぐらいまでは、あふれるように補っていくことができるため、性的能力も高いまま維持されるのですが、それ以降はあふれるほどは補うことができないため、使う量が多かったり、補う量が少なかったりすると、精が減っていってしまい、性的能力も減ってしまいます。

時を止めたり戻したりということはできませんから、加齢はだれにでも訪れるもので、それにより中折れが起こるのは、仕方ないことなのかもしれません。

実際に、高齢の男性から、性的能力が衰えたという話を聞くこともよくありますよね。

要点まとめ

EDは2つの原因がある。自分がどっちか分析してみましょう

治療薬で簡単克服。しかしED治療は保険適用外なので価格を抑えたいなら?

いろいろな原因で起こる中折れですが、EDの一種ですから、克服するにはED治療薬を使います。私の中折れも、ED治療薬で簡単に解決しました。

ED治療薬は、性的刺激で増える物質を分解するPDE5(ホスホジエステラーゼ5)を阻害することで、陰茎海綿体の筋肉を緩めて血液を流入・貯留させ、勃起するのを助けます。中折れに対しても、PDE5を阻害することで、性的物質で増える物質の分解を阻害すればよいわけですから、同じくED治療薬を使います。

ところが、ED治療薬は保険診療で処方してもらうことができません。生活改善薬とみなされるため、一般的には3割の自己負担で済む医療保険が使えず、10割すべてを自己負担で支払うことになります。

医療機関で薬を受け取る場合でも、医師から処方箋をもらい薬局で調剤してもらう場合でも、薬の費用だけでなく、医師にかかった費用や薬局で調剤してもらう費用がかかりますので、決して安くはありません。

また、ED治療薬は薬局では売っていないので、薬局で薬だけを購入することもできません。

そこで活用したいのが、通販です。厳密にいうと個人代行輸入という認められている方法を使います。大手の個人輸入代行サイトを使えば、普通の通販と同じ感覚で、安く購入することができるのでおすすめです。

初心者におすすめの薬3選

それでは、どのようなED治療薬が中折れによいのか、初心者におすすめの薬を紹介しましょう。

今回紹介するのは、次の3つで、いずれもED治療薬として広く使われている薬のジェネリックです。ジェネリックなので、作用を表す有効成分は先発品と同じですが、安く手に入れることができます。

いずれの薬も、性的物質で増える物質を分解するPDE5を阻害することで、陰茎海綿体に血液が貯留し勃起しているのを持続させて、中折れを防ぎます。

カマグラゴールド(シルデナフィルを有効成分とするバイアグラのジェネリック)

ED治療薬といえば、バイアグラといってもいいほどで、バイアグラは「勃起不全(満足な性行為を行うに十分な勃起とその維持ができない患者)」に対する治療に、PDE5阻害薬として、最初に使われるようになった薬です。体の中でも特に陰茎海綿体のPDE5に選択的に作用することから、ED治療薬として使われることになりました。カマグラゴールドは、バイアグラという知名度の高い薬と同じシルデナフィルという有効成分なので、期待を裏切らない効果が得られる安心感があります。

管理人おすすめ通販サイト

バリフ(バルデナフィルを有効成分とするレビトラのジェネリック)

バルデナフィルも、「勃起不全(満足な性行為を行うに十分な勃起とその維持ができない患者)」の治療薬として認められた薬です。「即効性」があり、飲んでから効きはじめまでの時間が15分~20分と短いのが特長です。さらに食事の影響を受けにくいので、使い勝手がいい薬です。

管理人おすすめ通販サイト

メガリス(タダラフィルを有効成分とするシアリスのジェネリック)

タダラフィルも、「勃起不全(満足な性行為を行うに十分な勃起とその維持ができない患者)」の治療薬として認められた薬です。食事の影響を受けないのはバルデナフィルと同様ですが、シルデナフィルやバルデナフィルとの大きな違いは、薬を飲んでからの「有効性の持続時間が36時間と抜群に長い」ことで、服薬のタイミングを考える焦りやプレッシャーを軽くしてくれます。

管理人おすすめ通販サイト

基本的には同じPDE5阻害作用をもつ薬なので、どれを選んでも中折れを防ぐことができますが、自分がED治療薬を飲むシチュエーションを考えて、自分にあった薬を選ぶといいと思います。

たとえば、食事をしてからホテルに行くのがいつものコースであれば、食事で影響されない薬を選ぶとよいかもしれません。ED治療薬を飲んでいるのを見られたくないのであれば、持続時間の長い薬を選べば、ずっと一緒にいたとしても、パートナーに知られずに飲むチャンスも訪れるでしょう。

なお、ED治療薬で勃起不全を改善できるといっても、有効性が持続している間、ずっと勃起しているわけではありません。勃起は性的刺激があってはじめてするものですので、心配しなくて大丈夫です。

食事、運動不足、生活リズムを改善しましょう。

即効的にEDを克服するには、ED治療薬を活用すればよいのですが、体調をふだんから整えることも、EDを克服するために心がけるとよいそうです。

EDの克服という目的に限らず、体調を改善するポイントは3つあります。

1つは「食事」です。体は自分で食べたものからつくられますので、よい食事をするのと、悪い食事をするのとを比べれば、よい食事をしたほうが、体にいいに決まっています。

1日3回の食事は、朝はあたたかくやわらかいもの、昼はバランスのよい食事を十分とり、夜はカロリー控えめにする習慣が体によいそうです。昼に多く食事をとれば、余分なカロリーは午後の間に消費されますし、夜にカロリー控えめにすれば、太るのを防ぐことができます。

自分で食事をつくらない場合でも、外食や、コンビニでお弁当を買ってくる際に、ご飯などの炭水化物(糖質)、肉や魚からのタンパク質、野菜や果物からのビタミンなどを、バランスよく取り入れることを意識するといいと思います。いまは売られているパックに、糖質、タンパク質や塩分の表示がありますので、ぜひ活用してみてください。

EDの克服によいとされる食材もあります。精を補う働きがあるといわれているのが、山芋、にらやニンニク、すっぽんなどです。すりおろすだけで食べられる山芋や、にらやニンニクがたっぷり入った餃子も、普段の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。

2つ目は「運動」です。体にとっては、運動し過ぎることも、じっと動かないことも、よくありません。座り仕事が多い場合は、特に意識して運動不足を改善することを考えましょう。筋肉があることで、カロリーも消費されやすくなるので、まずは家の近所をウォーキングすることから始めてみてもいいかもしれません。

そして3つ目は「生活のリズム」を整えることです。まず睡眠時間を毎日同じ時間に確保することから、はじめてみましょう。

人により最適な睡眠時間は異なりますが、たとえば7時間ぐらいがちょうどいいなら、毎日、決まった時間に就寝して7時間は横になっているようにします。睡眠でもっとも体を癒すことができる時間帯は21時~3時の間ですので、夜更かしはせず、たとえ眠れなかったとしても、横になってしまいましょう。睡眠をとる部屋の明かりは消して寝て、朝の光で目覚めるようにすると、リズムが整ってきます。

このような食事や運動、睡眠などの生活リズムを整えることは、いますぐにでも始められることなので、ぜひ取り組むことをおすすめします。

いまから心がければ、加齢により性的能力が弱まっていくのも、遅らせることができそうです。

度取り除いておけば、彼女とより濃厚な充実した時間を過ごせると思います。

桐島
桐島
健康的な生活はED以外にも色々な病気を予防します!

中折れしてしまった際に気まずくならない方法

性行為の間に、中折れしてしまっても、それは自分が悪いからでも、パートナーが悪いからでもありませんが、気まずくなることもありますよね。

でもあまり気にする必要はないと思います。どうも女性は「中折れ」という言葉自体、知らないことが多く、たとえ中折れしたとしても、疲れているのかなと思ってくれています。そう深刻にはとらえていないようです。

次の時には、ED治療薬を使えば、中折れは防ぐことができますし、あまり過剰に心配する必要はありません。

ただ、パートナーに対しては、日ごろから「自分はあなたを愛している」と伝えるのだけは忘れないようにしましょう。いわゆる性行為だけが愛情を示す手段ではありませんので、信じあえていれば、中折れしても気まずくなるのを防ぐことができると思います。

まとめ

このように、中折れはED治療薬や、食事・運動・生活リズムの改善により、克服できる悩みです。私はED治療薬で中折れを克服しました。その経験があるからこそ、自信をもってお伝えできます。すぐに克服するには、効果があって費用も安いED治療薬のジェネリックの個人代行輸入をおすすめします。ぜひ参考にしていただいて、これからの人生をパートナーと喜びを分かち合える幸せなものにしてくださいね。