EDとは

【持続力はいつから下がる?】勃起の維持が出来ない時の原因と対策

  • 若い時より勃起力が下がっていると感じる
  • 行為の途中で萎えてしまう
  • 妻とする雰囲気になったけど、そもそも勃たなかった

勃起の維持が出来ない、持続力の低下、男にとっては耳の痛い話ですね。

しかし、これは遅かれ早かれ誰もが通る道で、どんな人でも寄る年波には勝てないと思います。

まだ自覚してない人も身体は少しずつ衰えていってるかも?

しかし、これは解決できない問題ではありません。

風邪をひいたらかぜ薬を、頭痛がすれば頭痛薬を、花粉症なら鼻炎薬を飲むでしょう。

勃起の維持が出来ないなら改善する薬だってあるのです。

精力低下を自覚してる人は現状を把握して対策していきましょう!

桐島
桐島
男なら誰もが通る道です!恥ずかしがる必要はありません!

持続力が下がるのは何歳から?

セックスをする上で勃起状態の持続力は非常に重要ですよね。持続力が下がってしまうと自分の満足できるセックスができないだけでなく、パートナーも満足させることができなくなってしまいます。お互い気持ちの良いセックスができなくなってしまいますので、その後の関係性に大きな影響を及ぼすことも考えられます。

勃起の持続力低下が始まる年齢は人によって大きく変わってきます。早い人だと20代後半から症状が現れ始める事もあり、遅い人だと40代を過ぎてもまだまだ元気という方もいます。
上記のような一部例外を除けば、加齢が原因の勃起の持続力低下は一般的に30代後半から始まってくると言われています。

勃起の持続力が下がる原因として加齢の他に、精神的な問題や日々の食事や運動などの生活習慣が挙げられます。
もし30代後半より若い段階から持続力の低下が見られたら、加齢以外の乱れた生活習慣が原因と考えてもいいでしょう。

維持できないのはEDなのか

セックスをしている最中思うように勃起を維持できない状態になってしまった時、真っ先に思い浮かぶのがED(勃起不全)ではないでしょうか。
EDは勃起機能の低下を意味する「Erectile Dysfunction」の略語なので勃起しないことだけを指すと思われがちですが実は勃起が維持できない状態や、勃起しても充実感あるセックスができるレベルの勃起が得られない状態もEDに分類されます。

完全に勃起しない状態でなく勃起状態を維持できないものも含めると、実に日本人男性の4人に1人はEDという調査結果もでています。このようにEDは男性にとって非常に身近な病気なのです。

インターネットなどで「ED 治療」等と検索するだけで多くの治療方法を見つけることができますので、「私は勃起状態を維持できないだけで、勃起するからEDではない」と思っている方は、まずその考えから変えることで抱えている問題の解決に繋がる事でしょう!

人生は長い、セックスはいつまで出来るのか

日本人の平均寿命は世界的に見ても毎年トップクラスをキープしており、厚生労働省が発表した2020年の男性平均寿命は何と81.41歳と80歳を超えています。この記事を読んでいる人の多くが平均寿命までまだ30年以上ある事でしょう。この非常に長い人生の間で、いつまでセックスが出来るのでしょうか。

結論から書くと男性の場合、勃起さえできれば何歳でもセックスする事は可能です。もちろん加齢によって勃起しにくくなってしまう事はありますが、基本的に男性の性欲は例え80歳になっても衰える事はありません。その性欲に伴う勃起力があるかどうかが問題となる為、勃起さえできれば男性は年齢関係なくセックスできるのです。ではセックスできるレベルの勃起力と持続力を得る為には何をすればいいのでしょうか。

要点まとめ

セックスは年齢関係なく可能

中折れ対策の第一選択薬、シアリスとは

セックス中に勃起状態が維持できない「中折れ」対策として、最も簡単で即効性のあるものとしてED治療薬を服用する方法があります。

ED治療薬に使われる有効成分はいくつかありますが、その中でもシルデナフィル、バルデナフィル、タダラフィルという3つの有効成分が特に主流として出回っています。
そしてこの中でも中折れに対して特に高い治療効果を持つのがタダラフィルであり、このタダラフィルが配合されているED治療薬がシアリスなのです。シアリスはED治療薬の中でも比較的新しく開発された経緯を持っており、これまで開発されてきたED治療薬の欠点を補う特徴を持っています。

初期に開発されたED治療薬であるバイアグラは強い勃起力を持っていますが、持続力に関して若干不安な面や副作用が強いといった特徴を持っていました。シアリスはそれらの問題を解消した優れた特徴を持ったED治療薬なのです!

持続力、飲みやすさなどのメリット

シアリスはED治療薬の中でも特に持続力に優れた特徴を持っており、1回服用するだけで最大36時間も効果が持続します。バイアグラなどが平均4時間程度の持続時間なので、比較すると驚異的な持続時間を誇ることが分かります。

また持続時間が36時間期待できるといっても常時勃起しているという訳ではなく、性的興奮を受けた時にスムーズな勃起を促す効果となっています。性的興奮がない時は効果を発揮する事はありません。私自身これまで何回もシアリスを服用してきましたが、セックス中以外に勃起したことは一度もありませんので安心して服用する事ができます。

他のED治療薬が食事の影響を受けやすい特徴を持つ中、シアリスは食事の影響を受けにくい特徴を持っていますので食前食後問わず服用する事が可能です。副作用に関しても他のED治療薬と比べて発症しにくいのです。
上記のような特徴を持つことからシアリスはED治療薬初心者におススメとなっています。

管理人おすすめ通販サイト

お買い得なジェネリック

シアリスは先発医薬品に該当するお薬になる為、購入する場合かなり高額になる事が多いです。出来るならセックスの度に服用しておきたいですが、高額だとお財布への負担が大きくなるので何回も購入するのが難しいですよね。

そんな時におススメなのがシアリスのジェネリックです。シアリスのジェネリックとはシアリスを基にして開発された、シアリスと同じ有効成分タダラフィルを配合したED治療薬の事を指します。
ジェネリックは先発医薬品を基にして開発されますので、最初に掛かる開発費を節約する事が可能となり、シアリスと比較してかなり安く購入する事ができます。

安く購入できるといってもシアリスと同じ有効成分が配合されていますので、効き目がシアリスより劣るといった心配は全くありません。むしろシアリスより飲みやすく改良されていたりするものもあるほどです!

上記のような理由から余程シアリスに思い入れが無い限り、シアリスのジェネリックの方がお得になっています。なるべく安く購入したい方は是非シアリスのジェネリックを選択しましょう!

管理人おすすめ通販サイト

生活を見直しましょう

勃起の持続力低下を解消する方法としてED治療薬を服用する方法を紹介しましたが、それと併せて日々の生活習慣を見直すことも重要なのです。

日々の食事において野菜を摂取せず肉ばかり食べるといった偏った食生活を続けていくと、それが原因で血液がドロドロの状態になってしまうことがあります。血液がドロドロになってしまうと生活習慣病の発症リスクを高めてしまう事が知られていますが、実は勃起の持続力低下にも関係しているのです。
性的興奮を受けると陰茎への血流が増加して勃起を促すのですが、血液がドロドロな状態だとスムーズに陰茎に血液が流れなくなり勃起しにくくなってしまいます。その結果、仮に勃起できたとしてもその状態をキープするのが難しくなるのです。

そのような状況になるのを避ける意味でも、血液をサラサラにする効果がある食材を意識して摂取する必要があります。血液がサラサラになれば生活習慣病の発症リスクを下げるだけでなく、ED治療薬を服用した時以外でもセックス時の勃起状態の持続力アップが望めるようになるのです。

また運動不足も勃起の持続力低下の原因に繋がるとされています。全身を使った運動も良いですが特にスクワットなど下半身を強化する筋トレを実施すると、より高い勃起の持続力上昇の効果が期待できるでしょう。

管理人おすすめ通販サイト

まとめ

さて勃起の持続力低下について、ここまで色々書いてきましたがいかがでしたでしょうか。
加齢が原因の場合だけでなく、若くして持続力の低下を感じてきた場合に関しても基本的に解決方法に違いはありません。

ED治療薬であるシアリスやシアリスのジェネリックを服用だけでも十分持続力アップの効果が期待できます。しかし更に高い効果を求める場合は、日々の生活習慣の改善を同時に実施する事でより高い持続力アップ効果を期待できます。健康的な身体作りと並行してセックスライフの向上も目指せるので、やらない手はないですよね!

今だけでなくこの先何歳になっても充実したセックスライフを送りたい方は、ED治療薬だけに頼り切るのではなく日々の健康的な生活習慣を心掛けていきましょう。

管理人おすすめ通販サイト