EDとは

【勃たない?】セックスだと勃起しない原因は?オナニーとの違いを解説

  • 勃起するのに本番になると上手くいかない
  • 年齢的にもEDでは無いハズなのに
  • 原因が分からず解決できない

若いしEDでは無いのに性行為の際に勃起しない…

一人だと問題なく勃起するのに…!

そんな悩みを抱えている男性は増えているそうです。

デリケートな問題ですし、男としてのプライドが…と思ってしまい、周りに相談出来ない方も多いでしょう。

私も昔、同じように悩んでいたので、解決方法も原因も分からず困っていました。

EDじゃないのになんでだろう?

そんな疑問にお答えしましょう!

自分で見つめ直して、今の状態を理解しましょう!

桐島
桐島
人に話しづらい疑問、お答えします!

EDの原因は加齢だけではない

「若いうちはEDにならない」「EDは中年以降になってから」そんな風に思っている人はきっと多いと思います。漠然と「年をとると体力が若い時ほどない。それであっちの元気もなくなる」そんなイメージかもしれませんが、実はEDの原因は加齢だけではないんです。

年齢が上がるにつれ体の老化は進むので、加齢に起因するEDももちろんあります。動脈硬化が原因のEDはその代表と言えるでしょう。動脈硬化は血管が加齢と共に老化して硬くなることです。動脈硬化になると血管が十分に拡がらず、そのため血流が悪くなり、勃起にも影響を及ぼします。

しかしストレスの多いこの現代で、「心因性のED」というものも知られるようになってきました。これは精神状態が不安定であることによって引き起こされるEDです。精神状態が不安定と言っても精神疾患のようなものではなく、ごく普通の日常で感じるストレスが原因となるのです。実は、20代から30代で「勃起しない」原因のほとんどは、この心因性EDであると言われています。

ストレスを全く感じずに生きている人は一体どれだけいらっしゃるでしょうか。誰しも大なり小なり悩みや不安を抱え日々過ごしており、心因性EDはストレスの多い今の時代の病といえるでしょう。

心因性ED:アナタが勃起しない理由とは

心因性EDは大きく2つに分けることができます。1つは日常のストレスや緊張によるものです。仕事で問題を抱えていたり、職場の人間関係や、既婚者なら夫婦関係に悩んだり、日常の生活で慢性的にストレスを抱えているという場合です。

そしてもう1つは過去の性行為で失敗した経験があり、すっかり自信を無くしてしまってトラウマとなっている場合です。そして、日常のストレスから彼女との性行為がうまくいかなくて、結局トラウマになってしまった、というように2つが連鎖する場合もあるでしょう。

このどちらかに心当たりはないでしょうか?勃起は性欲だけでは成立しないデリケートなもので、メンタルが疲れていたり、強いストレスを感じていると性的な興奮が脳からうまく陰茎に伝わらず、勃起しなくなります。若くて肉体的、血管的に何の問題がなくても、気持ち的に問題があれば、陰茎は反応してくれないのです。

「1人だと勃起するのに、本番では勃起しない」という方は、本番にかなりのプレッシャーを感じて、それがストレスになっている可能性が高いです。1人で勃起するなら肉体的には特に問題はないはずなので、相手がいることにより「成功させなければ」という精神的プレッシャーを無意識に強く感じていると考えられます。

実は心因性EDになる若い男は珍しくない

20代でもこの心因性EDになる人は珍しくありません。職場で下っ端のことが多くて何かと気を遣ったり、経済的な面でも不安定であったりして、色々心配なことがあるでしょう。人間関係にストレスを感じても、環境を変えることもそう簡単にはできません。

20代から30代のEDの原因は心因性EDが圧倒的に多いと言われています。「年齢的にEDでは無いはず」と思っている方は、まず自身のストレス度合いを考えてみましょう。仕事がうまくいくかどうか、時間や期日に間に合うかどうかなど、常に気になっていることが1つや2つはあるのではないでしょうか。人によってストレスの感じ方は違いますが、何かと決まりに則ってきちんと行動する日本社会の中で、知らず知らずの内にストレスを溜めてしまっているということはあると思います。

若くてもEDになることは決しておかしなことではありません。性欲旺盛なら必ず勃起するというわけではないんです。心因性のEDというものがあるということを知り、自身も日々ストレスを感じていることを自覚していれば、本番で勃たなくても過剰に心配する必要はありません。原因が分かっていて対処のしようがあるという点で、1つクリアです。

要点まとめ

若い男性でもEDになります。自身のストレスの原因を理解してみましょう

管理人おすすめ通販サイト

実際に解決した方法を紹介!

残念ながら、日々のストレスをなくすことは簡単に出来ません。でも諦める必要はありません。ED治療薬の力を少し借りることで、悩みを解決することはできるのです。

そこで私がおすすめするのはバイアグラです。バイアグラは1998年、世界初のED治療薬として販売が始まって以降、20年以上たった今もED治療薬の王様として君臨し続けています。「勃起力」「太さ」「硬さ」に定評があり、臨床試験においても70%から90%という高い割合で、その効果が認められています。

「陰茎への十分な血流」これは勃起には欠かすことができませんが、バイアグラの主要有効成分「シルデナフィル」は、血流を妨げる体内の物質を抑えるという働きがあり、医学的にも勃起をサポートすることが実証されています。もちろん私も使用したことがありますが、バイアグラのアシストで、心配な局面を何度も乗り切りました。

バイアグラは服用後4時間から6時間効果が継続するので、服用しておけば気持ちに余裕も生まれます。心因的EDにとって心のゆとりは本当に大切です。肉体的なサポートのみならず、精神的にも助けてくれるバイアグラ。ちょっと頼ってみるのもいいのではないでしょうか。管理人おすすめ通販サイト

値段が気になる?

バイアグラの知名度は抜群で効果も高く評価されていますが、「ちょっと値段が・・・」と思われる方もいらっしゃるでしょう。そこでリーズナブルな「カマグラゴールド」もご紹介したいと思います。

「カマグラゴールド」はバイアグラのジェネリック医薬品です。ジェネリック医薬品とは先発薬と同じ有効成分、効果、安全性に基づいて開発された後発の薬のことです。つまり、カマグラゴールドは有効成分がバイアグラと同じ「シルデナフィル」で、効果や安全性もバイアグラと同等なんです。数あるバイアグラのジェネリックの中でも、カマグラゴールドは最も人気が高く、高品質であると評判で、世界中で利用されています。

カマグラゴールドは後発品ということで、開発費用がバイアグラよりも抑えられているため、バイアグラの約3分の1の値段で購入することができます。ED治療薬は継続して飲むことが多いので、この差は大きいですね。もちろん、臨床試験などはきちんとなされています。

なぜ安く買えるのか、ジェネリックはその理由がはっきりしているので安心。懐に優しい方が続けやすいのは確かです。「とにかく何か試してみたい」という方は、財布に優しいと始めやすいですよね。

管理人おすすめ通販サイト

正しく飲めば怖くない治療薬

ED治療薬に対して、副作用などを心配してまだまだ抵抗を感じる方は多いかもしれません。でも、正しく服用すれば副作用を過剰に心配する必要はないのです。

薬は患部を治したり、症状を軽くしてくれる一方で、患部以外にも作用してしまい、副作用の症状が現れます。これはED治療薬に限らず、どの薬にも言えることです。用量、用法を守って正しく服用すれば、副作用を最小限に抑えることができます。ただ、気をつけておきたいのは「併用禁忌薬」。ED治療薬と飲み合わせてはいけない薬があるので、日常的に何らかの薬を服用している場合は医師に相談するようにしてください。

バイアグラやカマグラゴールドなどのED治療薬を服用すると、一般的に頭痛や鼻づまり、顔のほてりや目の充血、めまいや動悸などの副作用が出ると言われています。もちろん個人差があり、副作用をほとんど感じないという人も。これらの症状はED治療薬には血管拡張作用があるため、それに付随して生じます。ほとんどの場合、ED治療薬の効果が切れるとともに症状もおさまります。

頭痛や鼻づまりの症状は市販の頭痛薬や鼻炎薬を併用して抑えることも可能です。どうしても心配な方は、ED治療薬を半分に切るなどして、少量から試してみると良いでしょう。

心因性EDは怖い。悪循環になる前に解決

20代から30代のEDの原因は心因性EDが圧倒的に多いと上述しました。この心因性EDは悪循環に陥る危険性があるので、侮ることはできません。

特に若いと、「EDは年を取ってからなるもの」と思い込んでいる人が多く、どうしてもEDを認めたくない気持ちが強いです。それでも実際、本番では勃起しない現実に直面。誰かに相談することもはばかられ一人で抱え込み、不安がますます募ります。そうするとEDはさらに悪化。この繰り返しです。

この状況を打破するためには、まず「若くてもEDになる」この認識を持つことが大切です。簡単そうですが、実はこの点が一番のハードルになっているのではないでしょうか。私もそうでした。若いのにEDなんてなるはずがない、そう思っていました。

それでも心因性EDというものがあることを知り、日常のストレスなどを考えても、自分に当てはまる点が多いことに気づきました。

心因性EDの場合、早めに成功体験を得ることでこの悪循環から抜け出すことが可能です。日常的なストレスを除くためのメンタルのカウンセリングもありますが、それでもED治療薬を併用して治療していくのが一般的です。バイアグラやカマグラゴールドを上手に利用しながら、悪循環になる前に解決しましょう。

桐島
桐島
私も心因性のEDでしたが治りました!一人で悩み過ぎないようにしましょう!

健康的な生活を心がけましょう。

ED予防のためには普段から健康的な生活を心がけることがとても大切です。体が元気だとやる気も出て、心も元気になりますよね。睡眠不足だったり体調がすぐれないと、テンションは下がって気持ちが落ち込んでしまいます。感じなくていいストレスを感じてしまうことも。

また、健康的な生活は、肉体的な面でもEDを予防します。例えば、動脈硬化が原因のED。動脈硬化は加齢によるところも大きいですが、若くても不規則な生活、栄養の偏った食事、肥満(いわゆるメタボ)や喫煙など、生活習慣が大いに影響すると言われていて、若くても動脈硬化は起こりえます。そうすると、血流が大事な「勃起」にも悪影響が。

普段からバランスの取れた食事、規則正しい生活リズムを心がけていると、精神的にも安定するので心因性EDの対策になります。体の調子も良ければなんとなく自信も湧いてきて、メンタルにも良い影響があるでしょう。

ストレス発散にお酒を飲む人も多いでしょう。お酒好きなら、どうしてもそっちに走りがちです。私もそうでした。20代の頃はストレス発散と言えば暴飲。そうすることでその場しのぎのストレス発散をしていました。決してお酒が悪いとは思いませんが、生活が乱れない程度の適量を楽しみましょう。

管理人おすすめ通販サイト

まとめ

昔は「ED」という問題はタブー視されていました。バイアグラはそれまでタブーとされていた「ED」という男性の切なる問題を、治療対象のものである(つまり、タブー視するものではない)という社会的な認識に変えた功績があります。

それから時が進んだ今、EDについて更なる研究が進められ、EDは年齢に関わらず、男性なら誰でもなりうるものであることが分かっています。ストレスの多い現代社会で、多くの若者がストレスを抱え心因性EDになるということはなんら不思議なことではないんです。

若い人で、EDかも?とちょっと不安になっている人は、是非吹っ切れた気持ちでED解決に取り組んでいただきたいです。私がそうだったように、1歩踏み出せば思っていたよりも案外あっさりと悩みが解決するかもしれません。解決できる悩みは出来るだけ早く解決する方がいいですよね。

医者に行くのが恥ずかしくても、ED治療薬は人に知られず買うこともできますし、薬の助けを借りるところから始めてみるのもいいのではないでしょうか。EDにしっかり向き合うことで多くの悩める若者がこの問題から解放される、そんな気がします。すっきりした気分で、是非楽しい時間を過ごしてほしいです。

管理人おすすめ通販サイト