ED治療薬のジェネリック

【レビトラジェネリックを通販で購入】ED治療薬ジマトラの効果を解説

  • レビトラはどんな効果があるのか知りたい
  • レビトラは価格が高いので、安いジェネリックを探している
  • ED治療薬を通販で買えるなら欲しいけど、海外の薬は少し不安

レビトラはバイアグラの次に開発された即効性の高いED治療薬として有名ですが、詳しい効果、作用時間、ジェネリックの名前まで知っている方は少ないのではないでしょうか。

ですが知らないという方も安心して大丈夫。

こう見えても(?)経験人数150人のナンパ師である私は色々な種類のレビトラジェネリックを実際に飲んできました!

そんな私がおすすめするレビトラジェネリックはジマトラです!

ジマトラがなぜおすすめのレビトラジェネリックなのか、効果、作用時間、副作用、飲み方だけではなく、どうやって実際に通販で購入しているのか徹底解説します!

この記事を読めばジマトラをおすすめ出来る理由が分かるでしょう。

桐島
桐島
レビトラを飲んだことが無い方はジマトラが良いでしょう!

レビトラのジェネリック『ジマトラ』は日本語パッケージ

いまは150人もの経験がある私でも、以前はあがり症で、女性といいムードになっても、緊張して勃起しないという苦い出来事を重ねていました。でもある時、少し勇気を出してED治療薬を使ってみたら、その悩みはあっけなく解決! そこでさらに、いろいろな種類のED治療薬を試してきました。

そんな私が、「飲んですぐ効く薬」として特におすすめしたいのが、レビトラのジェネリック『ジマトラ』です。

なぜ数多くあるレビトラのジェネリックの中でジマトラをおすすめしたいかというと、ジマトラはパッケージが日本語で書かれているからです。外国で販売されているED治療薬は英語など日本語以外で書かれているため、よほど外国語に慣れていないと、読むのは容易ではありません。

ところが、ジマトラはパッケージが日本語なのに加えて、箱の中に入っている説明書も日本語で書かれています。飲む量や飲み方など注意事項が日本語なら、読んで使い方をよくわかってから飲めるので安心ですよね。

ジマトラの作用時間!最短15分で効いてくる

ジマトラはレビトラと同じ有効成分「バルデナフィル」が入っているジェネリックです。

バルデナフィルは、性的刺激で増える物質を分解するPDE5(ホスホジエステラーゼ5)を阻害することで、陰茎海綿体の筋肉を緩めて血液を流入・貯留させ、勃起するのを助けます。他のED治療薬と比べて「即効性」が特長とされていて、ジマトラも、同様に効き目が早くあらわれます。

効き目が出るのは、早ければ飲んで15分! 薬が効くためには体に吸収されることが必要ですが、ジマトラの説明書によれば、空腹時に飲むと90%の人で30分~120分の間に十分に体に吸収されるそうです。体に吸収されるのが早ければ、即効性があるのも当然ですよね。

人によって吸収に差がありますので、性行為の約1時間前には飲んでおくよう説明書には書かれています。もちろん早く効く人でも、飲んで15分たつと勝手に勃起するというわけではありません。勃起するには性的刺激が必要なので、ジマトラを飲んでからでも、食事やパートナーとの会話をゆっくりと楽しむことができますよ。

先発薬レビトラの臨床試験にて実証された効果

薬を開発する段階では、実際に人に飲ませて効果や副作用を観察する臨床試験が行われます。ジマトラはレビトラと同じ成分が入っているジェネリックなので、レビトラで日本人を対象に行われた臨床試験で実証された効果を紹介しましょう。

臨床試験は、国際勃起機能スコア(IIEF)質問票を使って行われました。質問票の中に、「挿入の頻度」と「勃起の維持」に関する質問があります。挿入の頻度については「ここ4週間、性交を試みた時、何回挿入することが出来ましたか?」、勃起の維持については「ここ4週間、性交中、挿入後何回勃起を維持することが出来ましたか?」という質問に、飲んだ人が答えるスタイルなので、リアルな意見を結果としてまとめたものといってよいでしょう。

まず、挿入についての結果ですが、飲む前は10回中4回ぐらい挿入できたのが、レビトラを飲んだあとは8回ぐらいまで挿入できるようになりました。また、もう1つの勃起の維持についての結果は、飲む前は10回中2回ぐらい勃起が維持できたのが、レビトラを飲んだあとは10回中8回ぐらいまで勃起が持続するようになりました。

挿入の頻度も、勃起の維持も、プラセボ(偽薬)と比べて明らかに優れた効果が出たと実証され、医薬品として販売されているわけです。

何時間作用する?

ジマトラは、通常は10mgを性行為の1時間前に飲みます。飲んでから早ければ15分で効果があらわれますが、このように効きが早くても、効果はすぐになくなるわけではありません。いったん体の中に吸収されると半分に減るのに4時間以上かかりますので、飲んでから4~6時間は効果が続きます。

ですから、飲んでから焦って性行為に及ぶ必要はないのです。もちろん、1回目の性行為が終わって、少し休んでから2回目に挑むときにも、効果は持続しているので、パートナーとともに満足できる時間を過ごせると思います。

時間制限という心理的なプレッシャーを感じないで済むのは、本当にいいものだと実感しています。

要点まとめ

レビトラの魅力を引き継ぎながら日本語パッケージの安心感がある

管理人おすすめ通販サイト

レビトラジェネリック『ジマトラ』を通販購入

ジマトラの有効成分「バルデナフィル」は、日本では医療機関で処方してもらわないと手に入りません。先発品のレビトラもそのジェネリックも、薬局では売っていないからです。

でも、医療機関に行く時間がない、恥ずかしいといった場合には、医療機関にかからずとも、通販で手に入れることができます。

厳密にいうと、個人輸入代行という方法を使います。個人輸入代行と聞くと、手続きが大変なのではないかと不安に思うかもしれませんが、大手の個人輸入代行サイトを使えば、まったく心配はいりません。普通の通販と同じ感覚で購入することができます。

ジマトラが届く前に知っておきたい副作用と飲み方

ここでジマトラの気になる副作用について紹介しましょう。

主な副作用は、ほてり、頭痛、鼻づまり、動悸などです。有効成分のバルデナフィルは、PDE5阻害作用により、性的刺激があったときに勃起しやすくする薬ですが、体の他の部分の血管でPDE5阻害作用を発揮すると、血管がひろがり、このような副作用が起こることがあります。

先発品のレビトラが発売されてから広く集められたデータ3,118件によると、このような主な副作用が起こるのは全体の2.5%ぐらいで、ほてり39件、頭痛14件、動悸12件、鼻閉9件でした。これらの副作用の発生件数が少ないのは、バルデナフィルのPDE5阻害作用は陰茎海綿体に選択的であるため、陰茎海綿体には効いても他の部位の血管への作用は少ないからです。

また、これらの副作用は、時間がたち体からバルデナフィルがなくなれば、自然に消えていきます。

1つだけ副作用を防ぐために注意したいことがあります。それは「飲み方」です。「1日1回まで(次に飲むまで24時間あける)」という飲み方だけは、必ず守るようにしましょう。効かないからといって、追加してはいけません。

飲みすぎて過量投与になると、副作用(一過性の背部の痛み、筋肉の痛み、視覚異常など)があらわれやすくなります。また、薬との因果関係は明らかではない症状ですが、24時間以内に続けて飲むと、発生リスクが約2倍になるとわかってきているからです。

要点まとめ

1日1回、1錠だけ。用法容量を守りましょう

管理人おすすめ通販サイト

管理人によるジマトラレビュー

私が最初に飲んだバルデナフィルは、先発品のレビトラです。はじめて飲んだ時は「こんなに早く効くのか」と驚きました。軽い食事の後に飲んだところ20分もしないで効き始めたのです。いつもはパートナーを待たせてガッカリさせるのではないかと気が気でなかったのですが、そのような心配はいらないとわかりました。

違う日にも使ってみましたが、やはりすぐに効きましたので、それからは、もしものときにすぐに使えるよう、いつも携帯するようになりました。

ただ、先発品のレビトラは高いので、いまはジェネリックのジマトラを使っています。

頭痛薬、鼻炎薬の併用もできます。

いちばん最初にバルデナフィルを飲んだ時は、少し顔にほてりを感じたぐらいだったのですが、何度が使ううちに、その日の体調によっては、頭痛や鼻づまりが起きることもありました。「あっ、ごめん。頭が痛くて、なんかそういう気分になれない」とパートナーに言って、ムードをぶち壊してしまったこともあります。

この問題を解決する方法は、実はごく簡単なことでした。ED治療薬と一緒に、必ず頭痛薬、鼻炎薬を持ち歩くことです。ジマトラと一緒に飲んではいけない薬もありますが、頭痛薬、鼻炎薬は一緒に使っても大丈夫です。症状にあわせて使うことで、頭痛や鼻づまりで悩むことはなくなりました。

まとめ

このように、即効性と値段の安さを求めるなら、いちばんのおすすめはレビトラジェネリックの『ジマトラ』の個人代行輸入です。もはやEDは解決できない悩みではありません。いろいろなED治療薬を試した私だからこそ、EDは解決できると自信をもってお伝えできます。ぜひ状況にあわせてED治療薬を使い分け、パートナーとの生活を楽しんでくださいね。

管理人おすすめ通販サイト